2015年6月21日

2015年6月21日

image

Nonnon

 

 

 

7:00起床。

 

何やら外から騒がしい音が・・・・

バルコニーから覗いてみると、通りにはたくさんの人だかり!! めっちゃマーケットに集まっているやないの!!

 

 

コーヒ付きの朝食を食べながら、

image

通りを見ていると 花モン族の人たちもいます。

image

 

黒モン族の人たちに比べて、色鮮やかで華やかな印象を受けます。

グリーンベースのひと・ブルーベースひと・ピンクベースの人がいます。

 

村ごとに違うのかな? ファッションを楽しんでいる様子。

 

 

市場はなんでもありのカオス。

 

 

洋服から

image

image

 

野菜

image

image

image

そして肉、肉、肉 切り売りしています。

image

 

日本ではなかなかない光景!!

 

 

 

魚めっちゃでかい。

 

 

けどあんまり売れてない気がする・・・。

 

 

ニワトリはダイレクトに売られております。

image

image

犬・猫も売られています。可愛い子犬・子猫ばっかりだからもちろんペットだよね?

image

子豚もいました。「ブヒーーーーー!!!!ブヒ!!!!!!」と悲痛な叫び声。 そりゃまぁ、命掛けですからね。彼らの場合は。

image

 

 

 

 

散髪もあり。

image

 

上には牛も売られておりました。。。。

image

image

【ほっ欲しい☆一匹購入して、日本に持ち帰りたい。皆をわっ!!と驚かせてみたい!! 友人に、「俺の牛乗ってみるーー?」なんて言ってみたいなって。】 思いませんでした。

 

 

 

 

 

そんなには広くないマーケットでしたが、普段同じ様なものを目にしているはずなのに、全く日本とは異なる状況にすごく楽しめました。

 

 

 

さぁ、バックハーのサンデーマーケットはベトナムの国境を越え、中国に入るゾーーーー!!!

ベトナムの国境。

 

中国の国境。

 

 

まずは、ベトナムでのトラブル。

 

 

出国手続きに建物の前を歩いていると。。。 男「ハロー チャイナに行くの?」 と声をかけてきました。

image

海外では “私たちが用事ないのに相手から声をかけてくるパターンはほぼ100%、私たちに利益がないの法則” が成立することを学んでいるので警戒します。

 

私たち「そうだよ」 男「両替していきなーー、ベトナムドンから元に替えてあげるよ」

私たち「これ全部でいくら?   900000ドン≒5000円」

 

男「200元!≒4000円」

 

電卓たたき・・・「チキショー。みんな揃ってまた、ボッタくろうとしやがって。涙。ほんと、みんな信用ならん!というか、こんなに公的な場所、イミグレっていわゆるベトナムの玄関ですよね?なぜ、こんなイカサマ野郎がいるんだ・・・」

 

私たち「やっぱり。付き合いきれん。さようなら」

 

男「225元!」

 

私たち「250元」と言って立ち去ろうとします。

 

男「わかったよ250元でいいよ。」

 

私たち「250元ならいいよ」

 

男「やっぱり240、わかった245は?わかった250だ!」

 

最後まで首を縦に振らず、私たち紙幣を数え、50元札4枚 5元札10枚を受け取り その場で250元あることを確認。出国しました。

「油断も隙もないぜ!全く、俺を騙そうなんぞ、100年早いわ!」( *`ω´)キリ

image

image

image

その後、 中国の店で3元のお茶を買うため、5元札を出すと、足りないと。

 

 

私「おばちゃん意味わからん。なんでだ?5—3=2余るだろ!!」

 

おばちゃん「え?それ、0.5元札だよ!?」

 

私「え?なにそれ??マジ?(´Д` )」

 

そう私が5元札だと思い込んで両替した札は0.5元の価値しかなかったのです。

 

結果、9000000ドン≒250元≒5000円 → 205元≒4100円 —900円(T . T)になりました。

 

 

ハウス二段熟カレーも驚きの、必殺両替詐欺2段仕込み!!!

 

知った時、本当に嫌な気持ちになりました。「マジでウゼーーーー。嫌いこうゆうの!!」 900円でベトナム人信用できなくなるだろ!!馬鹿野郎!

 

 

今思えば、最初に騙そうとした相手と取引した自分が悪いのですけどね・・・。少額でよかった。

 

 

続いて中国編。

 

上の出来事のおかげで、わずか6元足りず、16:00発の昆明行きの列車に間に合わず、22:00発の寝台でもなく、二人で140元の硬座席となりましたとさ。おしま・・・終わらないトラブル!

 

はぁ。もういいや。

早く駅でゆっくりしたい。

お腹も減ったし・・・。

 

中国人は本当に英語ができないみたい。How much ?とかbus、stationとか基本のことすら知らん。

 

ならば、漢字で!!と 「河口北」と筆談でコミュニケーションをとり、バス停を探し、 通りかかったバスの運転手ににみせると、頷く!!!キタコレーーー!!と喜んで乗り込む私たち!

 

片言の英語を話す中国人青年とバスで一緒になり意気投合!

 

私たち「河口北駅はどこでおりればいいの?」

青年「駅は5kmぐらい離れているよ」

「タクシーがいいよ」

私たち「なんで?というかこれが駅行きじゃないの?」

青年「駅?河口北口のバス停でなくて?これ、北口バス停行きだよ!」

 

私たち「マーーージ(T . T)?行きたいのは駅なのですけれども、、、、」

なんて話をしているうちに終着地の河口北バス停に到着。

 

 

だがしかし、なぜかバスターミナルから駅行きのバスが出ていない。 話によると19:00からしか動かないらしい。

 

なぜだ?青年必死に伝えようとしてくれるが、スキルが低くて英語の意味わからん。

 

僕たちは駅に行きたいんだーーーい!!事情を知っている青年はタクシーの運転手に事情を説明して、交渉してくれました。優しい!

 

 

もういいよね。タクシーで。。。

駅で荷物を置いて、ラーメンでも、小籠包でも、チャーハンでもいいな♪(´ε` )中国料理いただこう( ´ ▽ ` )ノ。

 

 

きっと今日は美味しい料理にであえるはず・・・・。♪( ´▽`)ニマニマ 到着!!!

image

んんんんん??????

 

 

 

 

駅員「閉まったよ」

 

私たち「閉まったって?私たちの列車は出発もしていないのですけれども?」

 

駅員「あー。夜また開くよ!」

 

 

フッッッッ悟ったよ。

この駅には、長いお昼休憩があるのだと。みよ、この閑散とした状況が。。。

 

 

なぜ、街から駅までバスが動いていないのかも一目見れば納得。

 

電車が順次到着・出発するわけじゃないから閉まるのね。

よくわかったわ。 周囲のインフラ整備と駅作る順番が逆では?てか、店なんて1軒もねーじぇねーか。

 

 

 

 

昼食と、夕食を兼ねてカップラーメンをいただきました。 22:00まで6時間、、、ここで私たち何をして過ごせと?笑笑        合掌

 

 

中国のネット規制に引っかかり更新遅くなりました>_<

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です