2016年1月20日

2016年1月20日

image

1月7日

 

nonta(じゅんや)

 

今日はいよいよ楽しみにしていたナイバシャ湖へ!!

 

やってやるぜ自転車サファリ!!

 

ていうか、本当に動物なんているのだろうか・・・。未だに半信半疑・・・。

 

 

 

さぁ、期待と不安を胸に出発ーーー。

 

 

宿から歩いて数百メートルで運良くミニバスに乗れました。。

 

ナイロビーナイバシャまで2時間300シリング(360円)の移動です。

途中、なぜか街ではなく、道路で下ろされましたけれども、無事乗り継ぎ、

ナイバシャタウンへ。

 

 

心配性の僕たちはナイロビで買い出ししてから来ましたけれど、

そこそこ大きい街なので、買い出しはここでできそう。

 

 

ナイバシャタウンから自転車サファリの拠点、フィッシャーマンズキャンプまでは100シリング(約120円)でした。

image

キャンプ場は最高に素晴らしい。。。

 

湖畔のキャンプ場で、芝生が綺麗。。

 

綺麗に手入れされていて、洗面台・トイレ・ホットシャワー付き。。

言うことなし。

 

1泊2日の予定で来たけれど・・・。

のんびりもっとここにいたい!!!

ということで、速攻2泊3日に変更。。

 

 

 

 

キャンプの利用料金

一人    700シリング(840円)

自転車1日 800シリング(960円)

私たちは持参したので不要でしたが、2人用テント500シリングでレンタルもできます。

 

 

 

キャンプの管理人が言います。

「電気柵には夜は触らないでね。ヒーポーが来るからね。」

 

 

私たち

「ヒーポーが来るんですか???会えますか?」

 

 

キャンプの管理人

「毎日来るよ!!」

 

 

 

すげーー・・・。さすが動物王国ケニア。

普通にキャンプ場にヒーポーくるんだ・・。

 

 

 

昼ごろに出発したので着いた頃には夕方・・・。

自転車サファリは明日することに。

 

 

テントはどこでも張り放題。

キャンプファイヤーもバーベキューもやり放題。

 

自由すぎる。。。

 

 

ヒーポーにすぐ気づくよう、電気柵の直近にテントを張りました。

image

会えるかな・・・・期待が膨らみます。。

 

 

テントを張るのも初めてなので、四苦八苦。結局キャンプ場の人が張ってくれました。苦笑!

 

 

 

 

そして、買った薪が湿っていて、火がつかない・・・

9時頃までラーメンすら食べれないグダグダでしたけれども

キャンプって楽しい\(^o^)/

 

 

そして就寝。

 

 

 

・・・zzz

・・・・・・zzz

 

 

「ブシッッ ブシッッ」

「ブシッ ブシッッ」

 

 

AM3:00 異音に気づき、目が覚めます。

 

校庭の草を手でむしる音に似ていますが、音の大きさが比ではありません。。

 

 

なんの音?

初めて聞く音に胸が躍ります。。。

 

 

えいみを叩き起こし、、

 

 

ライトで照らした先には、、、

いたーーーーー

思わず声を上げてしまいます。。

わずか10mほど前に野生のひーぽー(カバ)です!!

image

わぁーーーお 感動!!

 

 

 

隣のゆかねぇも叩き起こして、

みんなでカバ観察!!

 

 

 

でっぷりとしたお尻周りがなんとも言えない可愛さです。

image

かなり体重がありそう。。。

そして、どうやら2匹いるようです。

image

のっしのっしと歩きながら「ブシブシ」言わせて食事をとっています。。

image

すごいなーー。野生のカバが柵を挟んですぐそこにいる。

カバは怒るとかなり危険な動物だからこの至近距離は貴重な体験。

image

 

 

 

はぁ。。。ため息がでるほど素晴らしい。

 

 

 

大満足のまま、初日は終了するのでした。。。

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です