2016年3月02日

2016年3月2日

image

2月18日

 

canta(えいみ)

 

本日はレンタカー旅最終日。

 

そんな今日は
砂漠『通称:ビッグダディ』
から見るサンライズと
その時間帯に浮かび出る
絵のような写真がとれる
デットフレイに行きます。

 

 

デットフレイとは
日本語では『死の沼』
と言います。

 

 

その場所は
約1000年前には水があったけど
気候変動で水がなくなり
跡だけが残ったそう。

 

今は白くひび割れた大地と
アカシアの枯れた木が特徴的です。

 

 

砂漠・デットフレイは
ナショナルパーク内にあり、
そのゲートが開くのは5時半。
朝日は6時半。

 

 

泊まっているキャンプ場からは
レンタルした車で約1時間、
それから4WDの車に乗り換えて
15〜30分、
降りた場所から砂漠の頂上まで
約30分とのこと。

 

 

どう考えても朝日の時間には
間に合わなさそう、、、泣

 

 

しかも絵のような写真が撮れる
時間帯は限られているため
間に合うか心配。

 

 

でも、当たって砕けろ作戦で
諦めず頑張ります。

 

 

朝早起きしてすぐに出発。
まだ辺りは暗い。。

 

 

4WDの車に乗り換える頃には
だんだんと明るくなってきた。

image

ここからはサンライズは見えないけど
太陽がすでに上がってきている。

image

どうにか間に合って〜。

 

 

4WDを降りるとそこからは徒歩。

まだ砂漠の頂上からは
朝日が顔を出していない。

 

 

どうやらサンセットの時間と
砂漠の頂上から見ることのできる
朝日の時間帯や
その後のデットフレイが
絵のように写真が撮れる時間帯は
違うらしい。

 

 

朝日ががでて
→砂漠の頂上から朝日が見れて
→デットフレイが絵のような写真になる
という感じでそれぞれ
時間差があるみたいです。

 

 

てことは、、、
まだ少し時間がある!

 

 

とにかく早く到着している分には
問題がないので
早歩きとたまに駆け足で
急ぎます。。

 

 

が、、、わかってのとおり
昨日と同じく過酷な砂道。

 

きつーーーーーーーい>_<

 

 

歩きづらくて仕方ない。
筋肉が悲鳴をあげる。
足がへろへろになる。笑

 

 

ただ、昨日と違うことは
風がないことと
砂が冷たいこと。
なんて快適なんでしょう。

 

 

なんとか砂漠の頂上から朝日が
顔を出す前に到着。

image

間に合ったーーーーーーー!!

念願のサンライズ。

image

朝日に照らされ
より美しく赤く、
そして輝く砂漠。

image

私は昨日のDUNE45より
ここの方が好きだな。

 

なんだか、砂漠に迷い込んだみたい。

 

 

朝からテンション高めのジャンプ。

image

朝日が砂漠の頂上から顔を出して
獣10分後、デットフレイのとこまで
徐々に明るくなってきました。

 

 

この明かりがデットフレイの
全てを照らす前に写真を撮らなきゃ
絵のような写真が撮れない。

image

急斜面を駆け下ります。
登りとは違って
すごく楽!!!

 

 

それでは、絵のように
上手く撮れているかは
わかりませんが
デットフレイ写真です。

 

 

しのさんゆうじろうさんは
どーこだーーーーーー!?

image

なんだか、不思議な写真。

image

太陽の光が差し込むと
シルエットではなく姿があらわに。

image

うんとこしょ〜どっこいしょ〜
なかなかこの木は抜けません。

th_DSC07856

こんなことをすると
手に木のトゲが刺さるので注意!
ゆうきさんは木登りをして
痛々しい手になってました>_<

image

美しい砂丘と私たち。

image

昨日も今日も砂漠を登るのは
きつかったけれど

image

その先に待っていた美しい景色が
ご褒美だったな。

 

 

 

ん〜頑張ってよかった。

image

ナミブ砂漠、最高でした!!!

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です