2016年3月15日

2016年3月15日

image

3月6日①

 

canta(えいみ)

 

レンタカー旅3日目。

 

今日はイタリア北西部の
地中海に面している
5つの村が目的地。

 

その村々には一つずつ
名前がついているんですが、
5つの村・集落を総称して
『チンクエ・テッレ』と言います。

 

 

チンクエ・テッレとは
イタリア語で五つの土地という意味。

 

 

険しい海岸の上にある
小さな5つの村は
世界遺産にもなっています。

 

 

チンクエ・テッレの村々は、
今では陸路で移動できるものの
その昔は1000年にわたって
隣村との往来を船で行っていた。

 

 

平地がないこの場所で
人々は急斜面の固い岩盤を砕いて
石垣を築いていった。
その年月は約100年。

石垣の総延長は6700kmに及び、
日本列島を往復できる距離。

 

 

また岩盤を砕いた際に出た砂を
土壌にして畑を作った。

 

この土地に根付いた作物がブドウ。
人々はこのブドウから
ワインを醸造して
生活を成り立たせたそう。

 

 

歴史深いチンクエ・テッレ。
聞いているだけでも
人々の生きる力を感じますね。

 

 

 

さて、私たちは
5つの中で最北端にある村から
巡っていく予定なんですが、、、
お腹が空いたため
何か食べたい気分。
一番目の村で食べようか?
どうしようか、、、?

 

 

待てよ。
5つの村は
世界遺産。

 

てことは観光地。

 

てことはきっと
お高いに違いない。

 

 

てことで
一番目に行く予定である
村を通り過ぎた、
世界遺産にはなってない村で
お昼ご飯にしよう!と決定。
くねくねとした山道を進み
見えてきた海と村。

image

写真手前ではなく奥の村に行きます。

その村は『Levanto』

 

 

海に面しており、
サーフィンの村みたい。

 

 

電車が通っていて

image

橋をくぐると

image

広場がありその前に広がる
青い海と青い空(^^)

image

もちろん、波はお高め。

image

多くのサーファーの方が
海の中にうようようよ。

image

遠くて黒い点にしか
見えませんが
サーファーです。

 

 

こんな寒いのに
海に入れるなんて
すごすぎます。

 

 

イタリアのこの時期は
約10度前後の気温。

 

そして、3月は
最も大気圧が不安定で
雨の多い時期らしい。

 

 

心配だった今日のお天気は
朝に少しだけ
雨が降ったのみで
その後カラッと快晴に!

 

 

嬉しいお散歩日和になりました。

image

早速お財布に優しい
カフェに入り
ピザと飲み物を注文。

image

image

ん〜部分的にかなり
しょっぱいとこがあるけど
おいしい\(^o^)/

 

 

店内の雰囲気もよく
お店のスタッフは
すごく陽気な方々。

 

 

お客さんがきたら
「ボンジョルノー!」
とはじまる会話。

 

 

わいわいと談笑している
スタッフとお客さん。

 

 

《スタッフ対お客さん》
というよりは
《人対人》
で接しているような、、

 

 

暖かな空気が流れる。

 

 

なんだか知り合いの
お店にきたみたい。
居心地がいいな(^^)

 

 

お腹いっぱいになり
今日の目的地に向けて
再び出発!

image

またくねくねとした
山道を進んでいき
世界遺産である
一つ目の村に到着。

image

村①『Monterosso al Mare』

image

人口は約1500人。

image

閑散としてて
静かな村。

image

レモンが多く
レモンの産地でもあるみたい。

image

売店でもレモンをイメージとした
小物や生活用品が
売られていました。

もちろん、ぶどうもありましたよ!

image

建物の間は車が通れない細い路地が続く。

image

小さな村にひとつの教会。

image

砂浜にはお休み中の漁船。

image

海側から見た村。

image

人口1500人もいるのかなと
疑いたくなるような雰囲気。
小さくてずごく静かで
お店があるわけでも
観光客が多いわけでもなく
ほんとにひっそりとした感じでした。

image

①『Monterosso al Mare』でした\(^o^)/

 

 

 

続いて向かった

二つ目の村は

村②『Vernazza』

image

人口約1000人。

image

一番目の村よりも人が多くて栄えている印象。

image

明らかに観光客の数は増えた。

image

売店もあり見る人見る人
片手にジェラートを持ち食べている。
ここはジェラートが有名なのかな?

image

私は今、すごく寒いので
こんな時にジャラートを
食べたら凍死してしまう((;゚Д゚)))))

image

奥に進むと海が見えてきた。

image

海のそばにはちょっとした
広場のようなところがあり
みんなそこで写真を撮っている。

image

左手にある教会の中は暗くて
静かな神聖な空気に包まれ
人々が祈りを捧げていました。

 

その昔、船のみの
交通手段しかなかった村。
敵が攻めてきた時や
危機に陥った時も
ここで祈りを捧げていたのかな。

 

 

昔からそして今もなおある宗教は
人間の歴史、生活に深く根付き
人々はそれと共に生きてきたんだと
改めて感じました。

image

②『Vernazza』でした\(^o^)/

 

 

 

再び車を走らせ見えてきた三つ目の村。

image

なんじゃこりゃーーーー!!!

image

断崖絶壁に姿を現したカラフルな家。

image

インパクト大です。

image

この三つ目の村の名前は
『Corniglia』

image

人口は約250人。

5つの村で一番小さな村。

image

お店の飾り付けが可愛い。

image

ここでランチとかいいな〜!

image

建物と建物を紐でつないだ
洗濯干し場スペースが
生活感溢れなんだか好き。

image

村を歩いて真上を見上げると
干されている洗濯物。
色とりどりだったり
真っ白で一色だったり、、、
なんだかジブリの世界みたいで
わくわくする。

image

そして、ここで暮らしている人々が
どんな生活を送っているのか気になる。

image

image

車まで戻る帰り道、、、

image

村に太陽の光が降り注いで
より建物の可愛さが
引き立ち幻想的だったな。。

image

③『Corniglia』でした\(^o^)/

 

 

 

じゅんやは今回の村巡りの
楽しみ方がいまいちわからないな〜
と言ってましたが
私は十分楽しい\(^o^)/

 

 

ほぼ崖っぷちにつくられた
小さなこじんまりとした村に
カラフルで可愛い家。
そして広大な青い海。
ゆっくりと流れる時間。

 

 

一つの村を回るのは
一時間もあれば
十分すぎるほど。

 

 

やることと言えば
カフェでゆっくりすること。

 

そして、何と言っても
景観を見て
ぼーっとすること。笑

 

 

なので、人によっては
満足だったり不満足だったり
様々だと思おます。。

 

 

観光地ではあるけれど
くれぐれもここが
『小さな村』
だということをお忘れなく
共に楽しみましょう\(^o^)/

じゅんやさん!!笑

 

 

 

続きの四つ目、五つ目の村は次回に。

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です