2016年3月30日

2016年3月30日

image

canta(えいみ)

 

今日の記事は
衝撃の事実を知った
ヴェネツィアの水没危機のこと。

 

 

まず『アクアアルタ』について。

 

アクアアルタというのは、
ヴェネツィアの人々が
悩まされている高潮のこと。

 

 

ヴェネツィアは
イタリアの北部に位置するのですが、
11月〜3月に
アフリカからの季節風
「シロッコ」が
吹きつけられます。

 

 

この南からの暖かい風が、
アドリア海の水を押し上げるため、
満潮の時間に水位が
通常よりも上がってしまう。
その時に発生する高潮が
“アクアアルタ”と言われている。

 

 

しかし1900年代に入ってから、
この洪水の回数が一気に増加。

 

 

原因はシロッコだけでなく、
ヴェネツィア本島自体の
自然の地盤沈下と
1950年代から1960年代にかけて
本土の工業地帯が発展し、
大量の地下用水の汲上げを
行ったための地盤沈下。。。

 

 

これはすぐに影響が確認されたため、
1970年には特別法令が出されて
禁止され現在は行われていない。

 

 

そして1990年代になってから、
地球温暖化の影響で
世界全体の水位が
増加していることも
関係しているのだとか。

 

 

このように季節風のほかに
いくつかの要因が重なりあって、
ヴェネツィアでの
洪水現象が起きてしっている。

 

 

科学者は過去10年間には
過去に類をみない年間2mm
という早さで水没が
進行しているという。

 

 

ヴェネツィアでは、
この危機を救うために、
「モーゼ計画」
というものを進めている。
2014年に堤防が
完成予定だったんですが
まだ完成していないそう。

 

 

この計画も対処療法的で
ヴェネツィアやその周辺の離島が
アドリア海に沈んでしまう
という衝撃的な事態は決して
非現実的なものではないそう。

 

 

こんなにも歴史深くて
今なお人々の努力で守り
抜かれている島が
水没危機だなんて、、、。

 

 

なんとか打開策はないのかな
と思う反面、
自然現象だから仕方ない
ことなのかなとも感じる。。

 

 

素敵なヴェネツィアと
その周辺にある離島。

今でもそこでの生活を
送る人々。。。

 

 

うーーーん。
水没危機かぁ。。。

 

世界には
自然災害の危機が
常にあるかと思います。
その中でも、
火山などいつ噴火するかも
わからない地域や
以前自然災害、噴火が
あった地域も多い。

 

大きな被害を受けてなお、
またいつ危険にさらされるか
わからない地域、

また危機にさらされる危険性の高い
地域に住み続ける人々がいます。

 

 

住み慣れた
愛おしい街。

 

 

そこに漂う
安心できる空気。

 

そしてなにより
共に暮らしている
大切な人々。

 

生活の営み。
辛いことも楽しいことも
全ての苦楽を過ごしてきた故郷。

 

たくさんの思い出。。

 

 

頭の中でぐるぐる考える。
そして思い出す、
私の故郷、
大好きな沖縄のこと。

 

 

 

ヴェネツィア、
その周辺の離島。
これからも
人々の幸せと安全を
心から願っています。

 

 

参考・引用させていただいた記事。

ACQUA ALTA  ヴェネツィアを悩ませる高潮問題

ベネチアを水没から救う!「モーゼ計画」とは?

中世都市ベネチア、巨大な防潮堤に賛否

 

 

 

ここヴェネツィアで
両親とはお別れ。

 

 

一緒に過ごした約6日間。
ほんとーにほんとーに
あっという間だったな。

 

 

たくさん甘えたし
たくさん笑ったけど
まだまだ足りないね。笑

 

 

初の海外旅行お疲れ様。

はるばるイタリアまで
来てくれて有難う。

 

 

これからも体を大切に。

 

 

また会える日を
楽しみにしているよ〜!

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です