2016年5月05日

2016年5月5日

image

canta(えいみ)

 

このシリーズも残すところ
本日まで。

 

第三弾の今回は
田舎暮らしと都会暮らしは
どっちがいい?【私的編】

になっております。

 

個人的なことですので
ご了承下さい。

 

 

私はこの旅をして
感じたことがあります。

 

 

それは、人や建物で
賑わっている街よりも
その外れで
落ち着いているところや
自然のあるところが
心地いいということ。

 

 

そして、旅の中で興味あるのは
歴史的建造物よりも
自然の織り成す風景。

自然が好き。

 

 

旅をはじめてどのくらいが
経った時からだろうか、、、?
それに癒されている
自分がいることに気づいた。

 

 

今では自然を求め
そしてまったりゆったりできる
居場所を求めている。

 

 

多くの人や大小様々なビルで
ごちゃごちゃしたところより
自然のある場所に住みたいな。

 

 

そして、そんな自然豊かな場所で
子供をのびのびと育てたい。

 

 

もちろん、たまにはおしゃれして
きらきらした街の中を歩き
洒落たレストランで
お食事もしたいけど!
たまーにでいいかな。

 

 

それから私の心が
ほっこりするポイントは
いつだって人と人との
関わり合いの時だということ。

 

 

笑いあって会話している時や
側からその光景を見た時には
すごーくほっこりしてる。

 

 

ほんと何気ない
人と人との関わりで
ほっこりする。

 

 

電車の通路にダンボールをひいて
私の分の寝床も用意してくれた
中国人のおせっかいとも
思われてしまう優しさとか
私にはすごく嬉しいし心がほっこり。
他人にここまでできる
中国人のおばちゃんは
とても素敵だと感じた。

 

 

地元のおじーちゃんたちが
ベンチに腰掛け語り合いながら
サンセットを見ている姿とか

 

 

ご近所であろう人々が
テレビを持ってる人の家に集まって
一つのテレビに釘付けになってたり
よくわからないけど
みんなで爆笑してる姿とか
その後はじまる宴会とか

 

 

小さい子供から親、祖父母まで
家族みんなで自給自足し
助け合っている姿とか

 

 

ほっこり、ほっこり。

 

 

大家族がいいとか
知り合いが多い方が
いいとかじゃなくて
なんて言えばいいのかなぁ、、?

 

 

いつかじゅんやの言ってた

『不便と不幸はイコールじゃない』

ってことがしっくりくる。

 

 

そして、

『便利と幸せはイコールじゃない』

ってことも。

 

 

こういう人との関わりを
大切にしたいな。

 

 

 

私の知らないだけで
日本中にはもっともっと
魅力的なところが
たくさーんあるはず。

 

 

4年間住んでた神奈川も
すごく居心地がよかった。
また住みたいとも思う。
今ではそこにも
大切な人たちがいる。
たくさんの人に助けられ、
支えられました。

 

正直、上京するまでは
こんなに居心地がいいだなんて
想像もしていませんでした。

m(__)m

 

 

 

その土地に住んでみないと
何にもわからないなと。

 

 

なので田舎と都会
どっちがいいのかは
決められません>_<

 

 

「都会だからこうだ!」
「田舎だからこうだ!」
とは断言できないし
型に当てはまらないことも
あるかもしれない。
というか、ある。

 

 

『理想と現実は違う』

自然や癒しを求めて田舎に住んだら
人間関係やしきたりにうんざりし
辛く感じるかもしれない。
時には自分の居場所に迷い、
ストレスのはけ口さえ
ないのかもしれない。

 

 

自由を求めて都会に住んだら
ごみごみとしたルールの多い環境に
窮屈さを感じるかもしれない。
はたまたどこか寂しさを
感じるかもしれない。

 

 

『住めば都』

自然を求めて田舎に住んだら
自然以上に周りの人々の
あったかさにほっこりし
癒されている自分が
いるかもしれない。

 

 

仕事を求めて都会に住んだら
多くの仲間もできて家族もできて
大切な人たちに囲まれた
ほっこり幸せな日々が
待っているのかもしれない。

 

 

何事も経験してみないと
わからないな〜と。。。

 

 

今は選択できる世の中に
なってきている。

 

 

住んでみて
『心地いいなぁ♪( ´▽`)』と感じたら
住み続けたらいいし

住んでみて
『苦しいし辛すぎる_| ̄|○』と感じたら

逃げたらいいヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

仕事も一緒だと思ってます。

 

 

田舎であれ都会であれ
のんびりと暮らしたいな。

 

 

最後に

「この旅で感じたことは
忘れず大切にしよう。」

そう思ったのでした。

 

 

長々と続いた
このシリーズに
お付き合いいただき
有難うございます。

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です