2016年7月11日

2016年7月11日

image

7月2日

 

canta(えいみ)

 

今日はキューバ革命のあった
広場へ行ってみました。

 

 

ここでちょっと
キューバの歴史について。

 

 

キューバは1492年、
新大陸を目指していた
コロンブスによって発見され、
1511年にはスペインに征服される。

 

 

その後、キューバ国民は
独立を目指して1868年と
1895年の2度にわたって
独立戦争を繰り広げた。

 

 

2度目の独立戦争では
キューバ解放を旗印とする
アメリカも参戦。

 

 

1899年、
ついに米国の軍事占領下で
キューバはスペインから
解放されることになった。

 

 

その後、独立を達成したものの
アメリカの支配下に置かれていた。

 

 

独立後のキューバ政治は、
政争や民衆の反乱、暴動、
それに対する米国の
干渉などで混乱。

 

 

1933年にクーデターを
主導したバティスタが
大統領としてキューバ最大の
実力者となった。

 

 

しかし対米従属の
バティスタ政権に
国民は不満を募らせ、
政権打倒の動きが
活発化するようになった。

 

 

この時、
反政府勢力の一人として
立ち上がったのが
フィデル・カストロ。

 

カストロは1953年、
国内で武装蜂起するも失敗。

懲役15年の刑を受けますが
釈放され、メキシコ へ亡命。

 

 

そこで、革命を志す勢力を結集し、
1956年、祖国に潜入。

 

 

カストロ率いる革命軍は、
攻勢を強め、1959年1月1日、
ついに首都ハバナを陥落。

 

『キューバ革命』となる。

 

 

こうしてキューバは、
カストロを未来の
指導者として迎え入れた。

 

カストロ政権は、
農地改革、米系企業の
接収などの急進的な改革措置を
相次いで実施。

 

 

これに対し、
アメリカは対キューバ援助
打ち切りやキューバ向け
輸出禁止などを行い、
1961年には国交が断絶。

 

 

カストロが
アメリカの圧倒的な力に
対抗するために選択したのが、
ソ連の強大な力を借りること。
すなわち社会主義体制への転換。

 

 

その翌年である1962年には
キューバ危機もあり
アメリカとキューバの
対立が決定的となり、
アメリカはキューバとの貿易を
全面的に禁止するなどの
経済制裁を発動。

 

 

(以上、外務省の
『わかる!国際情勢』
を引用しました。)

 

 

さて、、、
キューバ革命の舞台となった
場所まで行きますか!

 

 

広場までは
P12のバスで
一本で行けます。

 

 

今日も暑くて
汗がダラダラ。

 

 

バス内も人が多く
ぎゅーぎゅー詰めで
汗ダラダラ。

 

 

到着した革命広場。

image

だだっ広い広場や駐車場の
真ん中には
大きな塔と銅像があります。

 

 

ただ、それだけです。

 

 

そしてその向かいの建物には
キューバ革命を主導したひとりの
『チェ・ゲバラ』の姿もありました。

 

 

今回写真を撮るのは
忘れてしましましたが
キューバでは色んな場所で
英雄チェ・ゲバラの姿を目にします。

 

 

 

ぼーっと眺めて
キューバの歴史背景や
現代を考える。。。

 

 

カストロによる革命から
59年の月日が流れた。

 

 

キューバは革命後
約30年間にわたり、
ソ連からの支援などに
依存していましたが、
1991年にソ連崩壊。

 

そして続く
アメリカによる
経済制裁。

 

 

その時のキューバは
どん底に立たされていた。

 

 

しかし、社会主義を貫き通し
経済面における改革に着手。

 

観光業や鉱物産業などで
自力で国を立て直し
発展を遂げた。

 

 

そして去年の
2015年7月1日に
アメリカと国交回復し
経済制裁を終えた。

 

 

今は経済成長のための
自制緩和もあり
だんだんと貧富の差も
みられるように
なっているみたい。

 

 

ですが、そこまで
物乞いはいない印象。
インドの方が
よっぽど多い。

 

 

社会主義国ならではの
イメージ、先入観から
働かない人も多いのかと思えば
そんなことはなく、
多くの方が日中〜夕方まで
働いている印象。

image

自分の想像していた
社会主義国とは違った。

image

マイナスイメージを持ってたけど
それは先入観だったのだと。

 

 

そして、国を変えられるのは
私たち国民ひとりひとりなんだと
改めて感じました。

 

無関心では怖いと。

 

 

キューバの今を
肌で感じることが
できてよかった。

 

 

革命広場の帰り、
宿近くのネイル店へ。笑

image

とーっても久しぶりのネイル。

 

 

看護師なので手のネイルは
ほとんどしたことがありません。
最後のリゾートということで
やってみることに。

 

 

お値段は300円。

 

 

自分らしくないのと
あんまり似合わない
色だとはおもいますが
思い切ってこの色にしました!

image

蛍光ピンク。笑

 

 

ほんとはブルーの
予定だったよ。

 

 

じゅんやには小学生みたいな
爪だねって言われました。

image

貝爪をバカにするのも
いい加減にしろーーーーo(`ω´ )o

 

 

あぁ、、、
綺麗な竹爪になりたい。

 

 

自分でも予想外な
蛍光ピンクですが、
真夏だしこの色と共に
残りの旅を楽しもう!

 

 

ネイルしただけなのに
すっごくうきうきになりました。

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です