2016年5月21日

2016年5月21日

image

5月15日

 

canta(えいみ)

 

おはようございます。

 

今日はあれを見る日ですよ〜
恐竜の足跡ですよ〜
楽しみですよ〜

 

 

朝起きてまずは
インフォメーションへ。

image

ここで国立公園の入場料
ひとり15Bs(約225円)
をお支払い。

 

 

それが終わればすぐ近くの
ツアー会社のオフィスへ。

image

何種類かのツアーが
あるみたいですが
私たちは100Bs(約1500円)で
恐竜の足跡と渓谷が見える
半日ツアーにしました。

image

ツアー料金を払い終えたら
数秒で私たちの
目の前にガイドさんが登場!

 

 

あれ?どこからきたんだろ?
もっと待つのかなぁと思ってたので
早すぎてびっくり。

 

 

ガイドさんは
女性のセノビェさんです。
よろしくお願いします(^^)

image

今日は往復6キロ、
約4-5時間コースらしい。

image

いざ、ツアースタート。

 

 

あれれれ?!
まだはじまったばかりですが
なんとセノビェさん指揮の元、
コースを外れます。

大丈夫かなぁ?

 

 

すると私たちの前に
現れたあるもの。

 

 

なんとまさかの

恐竜の足跡Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

image

はっや!!!笑

 

 

まだちょっとしか歩いてないし
ほんとすぐそばは村。。

 

 

こんな早く見ることができるなんて
びっくりというか、、
あっさりというか、、、
もっと後半戦に
見たかったというか←

 

 

わがまま言って
ごめんなさい
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

image

恐竜の足跡は
普通にありました。

image

しかも囲いなどはなく
解放され自由に
触ることもできます。

image

恐竜がこの世にいたのは
約2億◯◯◯◯万年前。
今なお残ってることが
奇跡みたい。

image

これが恐竜の足跡なのか、、、

でっかい足跡もあるし
赤ちゃんの小さい足跡もある。

image

恐竜の足跡ってほんとに
チューリップみたいに
なってるんですね。

image

ここにいたんだな、、、
恐竜、、、

不思議な気持ちなんだけど
いても不思議じゃないこの景色。

image

恐竜がいた世界を
想像することができる大自然。

image

うわーーー興奮する。

image

人間の手が加わらなければ
こんなにも美しい大地。
人間が誕生する前の
地球って
どんな姿だったんだろう、、、?

image

セノビェさんは恐竜や
ここの地形について
一生懸命説明してくれますが
そのほとんどが
理解できなく残念(´・_・`)

image

どうにかこうにか
ボディーランゲージで少しは
理解・想像することができる。

image

ハートの形を発見。
おでこの横シワが憎いので
隠しました(´Д` )

 

 

どんどん進んでいくと
じゅんやさんの見たかった
渓谷が現れた。

image

おっ大きい!!

image

高低差約80mにもなるんだとか。

 

 

⚠︎大きい声は出しちゃダメ。

image

声が通ってうるさいからね。

image

今度はこの渓谷を
下に降っていきます。

image

 

ここで緊急事態発生。
じゅんやさんの靴が
壊れちゃった。

 

接着剤もないしなぁ、、、
そのまま頑張るしかないかなぁ、、

 

 

そう思っていると
ガイドのセノビェさんが
細長い葉っぱを切って
手でくるくると回しはじめました。

image

その葉っぱを紐のように
頑丈にしているよう。

image

そして、じゅんやさんの靴が
ぱかぱかとしないように
その葉で縛ってくれました。

image

わぉヽ(;▽;)ノ

image

私たちの考えもしなかったこと。
今までこの地で生きてきた
セノビェさんの知恵。
感謝と尊敬でいっぱい。

ムチャグラシアス。

 

 

再び出発。

image

ごつごつした石や岩ばかり、、

image

小さな滝?を発見。

image

薄っすらと虹がかかってました。

image

途中、こんなに
屈んでしか通れないところも、、。

image

じゅんやはきつそうですが、

image

私とセノビェさんは余裕な笑み。笑

image

ふたりしてじゅんやのことを
ゲラゲラ笑ってました。笑

 

 

なんだか冒険してるみたいだね。

image

奥に進んでいくにつれて
だんだんと水の流れる音が
大きくなってきた。

image

見えてきたのは
滝と川ーーーーー!!

image

地元の子供たちが
泳いでいます。

image

楽しそう!

image

欧米人もビキニに着替えて
泳いだり写真撮影したりしてました。

 

 

私たちは泳がずに
大好きな日陰ぼっこ。笑
日向だと暑いので日陰で。

image

今の時期の日中は暑いので
川に入り楽しむのもいいですね。

 

 

着替えるところはないので
中からビキニを着て行った方が
いいと思います。

 

 

滝ポイントで休んだ後は
渓谷をUターン。

image

これが過酷。
ずっと登りのためにきついのと
太陽がほぼ真上にあり
直射日光が容赦なく降り注ぐため
暑くて暑くて干からびそう>_<
影もなかなかありません。

image

⚠︎帽子とお水は必須です。
お忘れなく。
私たちは持ってなく反省。

image

渓谷を登り切った後は休憩。

image

あ〜楽。
あ〜あっちーーー。

 

 

自然の中を
歩くのって楽しいな。

 

 

嘘みたいに
空気がおいしく感じる。

 

 

あっという間にツアー終了。
すごーく楽しかった(^^)
セノビェさんに感謝。

 

 

村に戻ると
なんとゆかねぇと再会!
はやっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ笑
こんな早く会えるとは。
運命ですね、、、☆

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です