2016年6月16日

2016年6月16日

image

6月6日②

 

canta(えいみ)

 

決戦のマチュピチュ山へ。

 

忘れもしない
2016年6月6日11時55分、
嫌々言いながらも
私はその門をくぐった。

image

もうね、これがまたもや
永遠に続く石段。
足腰にくる石段。

image

体力はまだ大丈夫そう。
忍耐力が衰えてる←

 

 

じゅんやさんはというと
どうやら体力が
衰えてるみたい。笑

こりゃ大変だ。

 

 

私は、以前にも話したと思いますが、
登山ではゴールまで突っ走り
できるだけ休憩したくないタイプ。
だらだらと行きたくない。
ただし、登山の上り限定。

 

 

その反面、じゅんやさんは
こまめに休憩を取りたいタイプ。

 

 

まさしく真逆。

 

 

この厳しい道のりで
他人のペースに合わす余力はない。
自分のペースで進むのが一番。

 

 

てことで、
じゅんやさんのことは
初めの段階で
置いてくことに←

 

 

その後も
進んでも進んでも
終りが見えない石段。

image

「これって、いつまで続くのー?」

という正直な気持ちが
爆発しそうで
心の中で火花を飛び散らす。

 

 

それは私だけではない。
登山者はみんなそうだ。

 

 

向かいからくる
下山者に対して

「後どのくらい?」

って掛け合いが
頻繁に行われる登山道。

 

 

「あと20分ぐらいだよ!」

と言われすれ違い、
頑張ってもくもくと足を進める。

 

 

そして、再び向かってくる登山者に
同じように声をかける。

「後どのくらい?」

 

 

「あと20分だよ!」

 

 

えーーーーーーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

 

こんなに進んだはずなのに
さっきと同じ時間。
まだまだってこと?

 

 

上り組は
一斉に肩を落とす_| ̄|○

 

 

もうこれは、
他人の言う時間を
気にしてちゃ
きっと心の中の火花が
爆発してしまう。

 

 

ということで
切り替え!!!

 

 

ゴールは確実にあるから
時間と距離を気にせずに
ひたすら進むのみ。

image

マチュピチュもこんな
小さく見えるように。

うん!進んでる!!

 

 

魂を一点に集中します←

意外にこんな時は
集中力を発揮します。笑
B型です←

image

登り始めて55分経過の
12時50分。

image

ついに、、、
頂上手前まで到着\(^o^)/↑

 

 

頂上へはやっぱり
相方さんも一緒にね。

 

 

じゅんやを待つこと20分。

image

見覚えのある姿が
見えてきたーーー!

 

 

ここで誇らしげに
自己タイムと
じゅんやのタイムの差を
じゅんやさんに発表します。笑

 

 

その差20分!!!!!

どんなもんだっ!!!

私のすごさを思い知ったか!!!

 

 

これが言えただけで
心から満足。笑

 

 

それでは、
そんなに期待していない
頂上へ行きましょうか。

image

これがなんとも
美しいーーーーーーー\(^o^)/

image

失礼なこと言って
すみませんでしたm(_ _)m

 

 

疲れが一気に吹っ飛びますな。

image

マチュピチュ遺跡は
小さくなったけれど
はっきりとした山の形が
ダイナミックにわかり絶景!!

image

マチュピチュ遺跡とワイナピチュ↓

image

望遠レンズがあれば
ワイナピチュの頂上も見える!

image

マチュピチュも上空から
覗いている気分になる。

image

川の流れも一目瞭然。

image

自然って広大で美しいな。。

 

 

頑張ったから頂上で
ぺちゃんこパンをかじらせてね。↓

image

かわいい雀?
鳥がやってきたよ。↓

image

もう最高に気持ち良い。

image

登る前の気持ちは
どこに行ったんだろう?笑

じゅんやさん、ごめんよ。笑

image

さて、そろそろ下界に
帰りますかー。

image

もちろん帰りも歩き。

下りは楽チン。

image

巨大パイナップルに
少しだけ隠れる人。↑

 

 

マチュピチュの
出入り口に到着し
パスポートに
スタンプを貰ったよ。

image

からのまだまだ歩いて下り
宿に帰るよ〜。
もう一踏ん張り!

 

 

マチュピチュ、
素晴らしすぎました\(^o^)/

 
 
読んでいただき有難うございます。  
 
  世界一周ブログランキングに 
 参加しています。  
 
  世界一周タグをクリックすると 
 ランキングに反映されます。よろしくお願いします!!
 
   
 
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です